先週は仮想通貨取引所のコインチェックから時価で580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)が盗まれた事件が、トップニュースになりました。

最近は日本でもいろいろな仮想通貨取引所が出現しつつあるようですが、コインチェックというと、私のイメージの中では日本の三大仮想通貨取引所といった感じです。私も口座は開設していました。

ただ、私の場合は、ビットフライヤーやzaifをメイン口座にしていた上に、少額のNEM(ネム)はzaifで所有していたので、コインチェック社の仮想通貨盗難事件からは無傷でした。

コインチェック社は流出したNEMに相当する金額の日本円の返金を決めたそうですが、よくそんな大金を持っていたなという印象で、いろいろな疑惑の目が今は向けられているようです。

さて、その影響だけでもないのでしょうが、仮想通貨相場は猛烈な下落相場になりました。今は1ビットコイン100万円前後で推移していますが、この先上がるのか下がるのか、短期的な展望は立ちません。

しかし、インターネットが最初胡散臭いと思われつつも、社会的インフラになったように、仮想通貨も社会に徐々に浸透していくと私は思っているので、下落相場の中を海外取引所メインでいろいろなマイナー通貨を買い増ししていきました。

おかげで猛烈な含み損をかかえて……、となりそうなところですが、昨年からの所有している仮想通貨の含み益があるせいで、直近買ったものは当然含み損があるものの、トータルでは未だに含み益の状態です。

ちなみに、追加資金がワープアで捻出できないため、借金して買ってます。危ない橋を渡っているようにも思いますが、ワープア生活に嫌気がさして、多少大胆になってしまっているようです。

さて、そもそもワープアにお金を貸してくれる先があるのかについてはまた次回。