100円shopとともに最近使い始めたものとして、業務スーパーがあります。

こちらは貧乏人御用達、もとい、節約家のホットスポットで、ネットのブログなんかを見てもお勧め商品がずらりと紹介されています。節約のためや親が高齢で弱ってきたこともあり、自炊をする機会が増えてきたので、最近になってようやく本格的に利用するようになりました。

業務スーパーにはとにかく大容量で価格の安いものが多いのですが、節約だけでなく副次的な効果として、まとめ買いになるので、買い物に行く回数が減って、時間の節約にもなっています。

よく業務スーパー関連のブログで紹介されているブラジル産の鶏もも肉2kgなどは、小分けに冷凍しておくと、1ヶ月くらいもっているのかどうかまでは記憶にないですが、余り野菜さえあれば、適当な料理がいつでも作れるので、重宝してます。

あとよく買っているのは、ベルギー産のフライドポテト1kgとか、中国産の冷凍野菜などです。この手の激安外国商品を「健康問題が……」なんて、忌避する人もいますが、どうせコンビニやファミレスなどの単価の安い商品では使いまくられているでしょうから、かなり気をつけている人以外は知らず知らずのうちに結構日常的に食べているものだと思います。

まあ自分の場合、業務スーパーの食材を生活に取り入れ出してから、体調が悪くなったということは全然ないので、まずくて食べられないという以外は、かなり使うようになりました。

業務スーパーの食材は中国産だけでなく、タイやベトナム産のものも多かったりして、とにかく世界中から一番安いものを集めたというようなグローバルさを感じます。買い物客にも中国や東南アジア系の人々も多く、ここが日本のなかにある外国であるということを意識させられます。

もはや食費が家計の出費の大部分を占めるような時代ではありませんが、毎月毎日のことなので、業務スーパーのようなところを使ってみるのも効果的だと思います。