株式投資で株主優待を設けている企業や配当利回りの高い銘柄を狙って所有する投資スタイルはよくあるもので、昔は結構な割合でそういう銘柄をもっていました。ただ、株主優待は本質的なリターンにはなりませんし、配当利回りの高さは、配当金以外にお金の使い道がない低成長企業の指標にもなります。よって、投資リターンを最大化するという目的のために、現在はそのどちらの類の銘柄もほとんど所有していません。

例外的に株主優待を狙って主要しているのは、イオン(8267)くらいでしょうか?100株でも3%割引のオーナーズカードが発行されて、近所にイオンが多くあり、親が喜ぶので、「100株くらいならいいか」と定期貯金のごとく放置しています。もう5年以上所有していると思いますが、現状70%ぐらいの含み益がある上に、配当利回りも3%近く(現在株価なら2%近く)あるので、銀行貯金に比べたら比較にならないくらいうまい投資話になってます。でもこの程度の株式投資話も自分の周囲ではなかなか話す機会がないのが、田舎の現状です。

あと必ずしも株主優待を狙っているわけではないが、投資した企業に使える優待がついていたというのでは、クックパッド(2193)があります。プレミアム会員サービスを1年間無料で使えるという株主優待なのですが、無料で使えるクックパッドは非常に使い勝手が悪いそうなので、クックパッドを日常的に使う人にはとてもお得な株主優待です。自分は最初からプレミアム会員サービスでクックパッドを使い始めたので、無料版と有料版の比較はできないのですが、スマホ片手に冷蔵庫の残り食材ですぐにレシピを検索できるクックパッドがないと、もはや食生活が成り立たないところまで依存しています。また、クックパッドは経営陣の内紛の結果、現在の株価は暴落しているので、まだ持ってない人は実に買い時だと思います。

さて、配当利回りを狙った銘柄も現在はほとんど持っていないのですが、例外的に最近買ったのは、みずほフィナンシャルグループ (8411)です。配当利回りが3%以上あり、現状100株わずか2万円程度で買えるので、ちょっと余った端数のお金の運用先として買いました。あと現在ならトヨタ(7203)も配当利回り3%ほどあって、株価は安いと思います。

結局、株主優待や配当利回りを狙った投資というのは、自分の場合はもうメインの投資方法となることはないのですが、株式投資自体あまりよく知らないという人に対して、その有効性を説明するのには非常に分かりやすい投資スタイルです。つまり、投資初心者の誰かに勧めるときのために、極一部はそういう手法を自分の中でも残しているといった感じです。